スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇者の決意と戦友(とも)の別離(わかれ)(223年後編)

NALULU_SS_0022_3.jpg
karin1.gif
「戦友(とも)よ…また会おう。今度は友情の木の崖で」
「そしてさよなら。私の愛しき人達よ」
「願わくば、天上で再びまた会わん事を」




一つの大きな戦いが終わった。
NALULU_SS_0056_2.jpg
既に静まり帰った競技場。
それは正にナルル王国史上、歴史に残る聖戦であっただろう。

一つの大きな課題を成し遂げたカリン。彼女は今後どこに来てどこに行くのか。
それは彼女自身知る事のない永遠の使命であった。



覇者の決意と戦友(とも)の別離(わかれ)


223年もついに後半を迎えた。
NALULU_SS_0099.jpeg
222年はユリウスさんだった為、去年優勝者として挨拶。

NALULU_SS_0100.jpeg
影に隠れていますが、今年はピートさんがいます。

カリンの説明通り、今回はどうなるかまったくわからない。
今年は龍技を会得しているカリン。
そんな不安と期待が入り混じった開式の辞でした。


そんなこんなで始まった前哨戦。
今年も親友リディアと対決!
NALULU_SS_0104.jpeg
NALULU_SS_0105.jpeg
奥義を解放し、圧勝。

NALULU_SS_0118_20110702130752.jpeg
NALULU_SS_0129.jpeg
同僚騎士対決を経て・・・


いよいよ最強の剣聖…ピートさんの登場。
NALULU_SS_0056_20110702141605.jpeg
karin1.gif
(3年越しの再戦ね。あたしの全てをこの戦いで見せてあげる)



NALULU_SS_0058_20110702141708.jpeg

jini2.gif
「あなたは3年前の…今年もよろしくお願いします」


karin1.gif
「あの時の事覚えていたんですね」
「えぇ・・・こちらこそ」



jini2.gif
「では…本気で参ります」


karin1.gif
「ふふ・・・あたしもですよ…ピートさん」


NALULU_SS_0131.jpg

jini2.gif
「む…3年前にはなかったそのオーラは・・・」


karin1.gif
「やぁぁぁ!先手必勝!!」


tatakai2.jpg
NALULU_SS_0003_20110702145712.jpeg

jini2.gif
「くっ・・・そ、その技は奥義…!」


karin1.gif
「剣技を極めたのはもうアナタだけじゃないわよ」


jini2.gif
「面白い…奥義・龍技を極めし者と戦うのは初めてです。」
「ようやく好敵手(てき)と会えた気がします」
「今度はこちらから参ります。」



tatakai3.jpg
NALULU_SS_0004_20110702151826.jpeg
karin1.gif
「うぅっ…さすがにやるわね…」


jini2.gif
「あなたは私の奥義を封じる為に地の守りに徹している事は既に読んでいますよ」


karin1.gif
「すかさず弱点を突いてくるとは…やはりさすがよね」
「けどこのまま押し切ってやるわ」




jini2.gif
「そうはさせません。こちらもいかせていただきます」


tatakai5.jpg
NALULU_SS_0005_20110702153836.jpeg
karin1.gif
「くっまだまだよ!」


tatakai4.jpg

jini2.gif
「そこ…!スキありです」


tatakai10.jpg
NALULU_SS_0017_2.jpeg

karin1.gif
「きゃっ!ま、まだまだぁ!!」


tatakai6.jpg
karin1.gif
「はぁはぁ…どう?あと少しよ!!」


jini2.gif
「やりますね。極めし者がここまでとは…」
「私の奥義を見せてあげましょう。いきますよ!」



tatakai7.jpg
NALULU_SS_0011_20110702160013.jpeg
karin1.gif
「きゃあああ!地の守りなのにこれほどのダメージを…はぁはぁ…」


jini2.gif
「正直、私をここまで追い詰めたのはあなたが初めてです。」
「敬意を表して、奥義の技にて勝たせていただきます」



karin1.gif
「さ・・・・させるかぁぁぁぁぁぁ!!!!」


jini2.gifkarin1.gif
「我が力!!」


tatakai11.jpg
tatakai11_2.jpg

この瞬間…試合の終了を告げるゴングが鳴った。
NALULU_SS_0002_20110702163341.jpeg
karin1.gif
「はぁはぁ・・・もう終了していたのね・・・無我夢中だったわ・・・」




最強の剣聖でありながら忍法すら使いこなすピート。
NALULU_SS_0147_2_20110630234411.jpg

karin1.gif
「あたし・・・初めてアナタと戦った時の事忘れてないからね」


NALULU_SS_0047_2.jpg
karin1.gif
「唯一このあたしに屈辱という言葉を味あわせた方…」
「あたしは…アナタを越えられた?」





NALULU_SS_0003_20110702164036.jpeg

あたしが…真実(ホントウ)の頂点に立った瞬間だった。
NALULU_SS_0004_20110702164326.jpeg

この日…競技場、観客全てが息を呑み…その壮絶さに震撼すらしたという・・・
こうして戦いは終わった。
NALULU_SS_0139.jpeg



伝説の剣聖を破り…真に王国の頂点として君臨したカリン。
だが、彼女は葛藤した。
NALULU_SS_0022.jpeg
karin1.gif
「目標だった奥義も会得し…最強の剣聖と戦って勝ち…あたしはこれ以上何を目指せばいいの?」


彼女は3日3晩考えたが、答えはでなかった・・・
karin1.gif
「あの方に聞いてみようかしら」


彼女は年末…去り行こうとする剣聖を呼び止め、話をしてみた。
NALULU_SS_0029_20110702165706.jpeg

jini2.gif
「あなたは・・・優勝おめでとうございます」


karin1.gif
「あ、あの…ありがとうございました」


jini2.gif
「いえいえ…本気の試合で負けたのはあなたが初めてです。私もいい勉強をさせていただきましたよ」


karin1.gif
「ピートさんはこれからどうするんですか?」


jini2.gif
「これからも様々な国を訪問し、修行するつもりです」


karin1.gif
「様々な国…あたしはここから出た事ないから外の国はわからないわ」


jini2.gif
「あなたは私と同じで探求心を抑えられないお方ですね。いかがでしょう?プルト共和国を訪問してみては?」


karin1.gif
「プルト共和国?」


jini2.gif
「剣の道に迷ったら魔術や体術も奨励しているあの国に行ってみるときっとあなたが次に目指すものが見つかるかもしれませんよ」


karin1.gif
「ありがとうございました。あなたのおかげで何かが固まった気がします」
「また、どこかでお会いできるといいですね。今度は外でお会いしましょう」



jini2.gif
「私でお役に立ててなによりです。それでは」


karin1.gif
「あっ!」


NALULU_SS_0028_3_20110702170742.jpg
もう一度呼び止めてみるも、彼はもう振り返ることはありませんでした。
そしてナルル王国に訪問してくる事はもうありませんでした。

だけど、この瞬間…彼とは確かに戦友(とも)になれたのです。
今度は外の世界で相間見えるのかもしれません。



NALULU_SS_0022_3.jpg
karin1.gif
「私の愛する人達よ。私は私の生きがいの為に旅立つ事にしたわ」
「今まで本当にありがとうね」





かくして、カリンはプルト共和国へ移住し、ムーン性の人と結婚し、アラニス・カールの2子を産んだ。
プルトでも数々のタイトルを総なめにし、真の剣聖、覇者として君臨することになる。

これは、彼女の人生の中で分岐していたかもしれない可能性の未来の一説である。

カリンの章~完~








karin1.gif
「ふぅ…」


sukotto.gif
「ふぅ…って勝手にカリンちゃんの物語終わりにしないでよ~」


karin1.gif
「だってしょうがないじゃない。もうあたしのプレイ日記終わりにしていいやーってくらい嬉しい勝利だったのよ?」


sukotto.gif
「おまけに国を出るって話になってるし・・・あんまりだよ~」


karin1.gif
「あくまで可能性の話よ。独身でもっと若くDD杯とピートさんに勝ってたらいけたかもってね」


sukotto.gif
「それならいいけど…それにしても今回は今までの記事にないくらい壮大だよねぇ」


karin1.gif
「ピートさんに勝つ事はある意味全ナルルプレイヤーが目指してる事だからオーバーアクションさせたかったというか…」
「普通のプレイ日記みたくたんたんと報告しててもつまらない」
「なんか別の切り口で表現できないかなぁと前編作る前から悩んでたよ」

「まっ。親父のアルバムの時以上に悩んだかなぁ」



sukotto.gif
「だから分けたんだね。何かありそうだという僕の予想ピタリだね」


karin1.gif
「えぇ…さすがは学生時代の主席生徒ね。ちなみに彼とは奥義取得後、練習試合でも戦ったのよ」


sukotto.gif
「そうなの?」


karin1.gif
「えぇ。下のVTR(SS)を見て」


NALULU_SS_0007.jpg
karin1.gif
「一応これも前回の真実の洞窟の記事や今回のに入れようと思ったんだけど」
「ピートさんは初めて私の奥義を闘技場で見た。という話で進めたかったのと」
「3年前競技場で戦った…って回想があるけど、今回の決定戦との間に練習試合とはいえ、試合はしているって事実を見せたくなったの」
「199はすごい微妙なラインでこの時は199から実はポイントあがらない?って思い込んだもんよ」



sukotto.gif
「いろいろ細かい事考えてたんだねぇ。ここでネタバレしてもいいの?」


karin1.gif
「もう物語後のトークコーナーだしね」
「あ、一応あともう一つ気になる事があったわ」



sukotto.gif
「どうしたの?」


karin1.gif
「今回は物語の構成上、どうしてもピートさんにオリジナルでしゃべらせざるを得なかったんだけど…」
「読者様の持ってるピートさんのイメージ像と異なってないかだけ心配してるね」



sukotto.gif
「こればっかりは感想もらわないとわからないしね~」


karin1.gif
「そういうこと。まぁ大丈夫だとは思うけどね」
「それにしても今回は本当編集疲れたわ~」




sukotto.gif
「こっちにおいで~」


karin1.gif
「あ・・・ありがと…(すっ)」




今宵もめくるめく二人の時間が始まるのでした。


karin1.gif
「次回はまた普通の日記よ!」


sukotto.gif
「カリンちゃん疲れ様だよ~」


スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カリンさんすっごいカッコイイです!
まさかあのピートさんに勝てるだなんて本当にすごいです。
練習試合でも歯がたたなくて絶対勝てない相手だと思っていたのですが、私も勝てなくてもいいから挑戦したいと思ってしまいました。
龍技なら勝ち目が出てくるのでしょうかね?

編集もお疲れ様です!楽しませていただきました!

No title

え…ぇぇぇえええ!?
ピートさんに勝った!?
すごすぎます!
私はカンストキャラで何十回リセットしても彼に勝てませんでした。
そして、勝てたという報告も一回も聞いた事がありませんでした。
龍技を覚えていれば勝てる可能性もあるという事なんでしょうか?

白熱のバトルの表現がまた色んな意味ですごい(><)

ピートさんは223年以降来なくなってしまったのですね…
でも勝利を飾れたなんて素晴らしいじゃないですか。
なんだかドラマチックな展開ですね。

ピートさんの喋りもイメージどおりですよ。
そして最後のオチに笑いましたw

とにかく、カリンちゃん、かっこよすぎます!

No title

わ~い♪感想ありがとうございますw
二人分一部まとめて引用返信しますね~

>カリンさんすっごいカッコイイです!
>とにかく、カリンちゃん、かっこよすぎます!

ありがとうございますw
カリンって性格が「負けず嫌い」なんですよ。
負けず嫌いって優しさ0だから元々りりしいキャラに仕上げやすくて
本当よかったと思ってますw
ピートさんに一度負けた悔しさから追い抜こうとした。という表現にもあってますしw

>龍技なら勝ち目が出てくるのでしょうかね?
>龍技を覚えていれば勝てる可能性もあるという事なんでしょうか?

今回勝ったのは一回目のプレイですけど何回かリロードして再戦もしていますが、勝率は丁度5分5分くらいですね。

特徴としては試合が長引けば長引く程、こちらの攻撃が当たらなくなってきて最終的に逆転されるパターンは第4技の時と変わらないですが、
そんなに時間が経ってない状態であれば最後のトドメも当たりやすかったりします。
で、そんなに時間経ってない状態でダメージを多く与えてるには龍技である必要がある・・・・からかもしれません。

おそらく最強のピートさんのことです。時間が経てば経つほどこっちの太刀筋を見切ってしまうのではないでしょうか(笑)

>編集もお疲れ様です!楽しませていただきました!
>白熱のバトルの表現がまた色んな意味ですごい(><)

ありがとうございますw嬉しいです♪
時間はかかるけど大事な出来事はまたこういう表現ができるよう頑張りますw

以下個別に返信しますw
kaikoさん>

>練習試合でも歯がたたなくて絶対勝てない相手だと思っていたのですが、私も勝てなくてもいいから挑戦したいと思ってしまいました。

私練習試合で勝った事ないですw おそらく練習試合では勝ったりしていた。のはアップデート前からかもしれません。
アップデート後のピートさんはいろんな意味で人間超えてるし(笑)

でもピートさんとの対決はほんとワクワクしますw
是非戦ってみてくださいw

さすらん さん>

>ピートさんは223年以降来なくなってしまったのですね…

いあ、もう来る事はなかったーって表現が綺麗だったからってだけで実際は224年も来ちゃいましたwww
あ、でも現在225年やってますがこの年はユリウスさんです。
217年くらいから来ているのでさすがにそろそろ打ち止めかなぁ・・・

>ピートさんの喋りもイメージどおりですよ。

よかったですw
ちょっと厳か?ながらも自信に満ち溢れてるのが彼ってイメージですからw

>そして最後のオチに笑いましたw

最後のトークコーナーは落とし!ですからねw
カウンター
プロフィール

タダノ・ニース

Author:タダノ・ニース
当ブログで紹介するベースはヴァルター国ですがアレクシス国もプレイした事有り。

当ブログはリンクフリーですのでじゃんじゃん貼っちゃってください。ご報告頂ければこちらからもリンクさせて頂きます♪(ただしワーネバサイト限定)

サイトバナー
ナルろぐ

当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』の画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新コメント
ナルろぐキャラ投票
再投票は24時間後に可能
リンク
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
フォロリムはお気軽に♪
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。