スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタグラマー(204年中編2)

グランヴィル
????「あなたがムユルさんかな?」


ムユル
「ええ。そうですけど・・・・」


グランヴィル
「あなたとはこれから長い付き合いになりそうだよ。よろしく」


ムユル
「?????」




オープニング曲はこちら
ヨランデマフユ
「き~み~は~だ~れ~と~キ~スをす~る~♪」


ジャヤルーシア
「あ~た~し♪」


ジャヤヨランデ
「そ~れ~と~も~♪」


ヨランデマフユ
「あ~たし~♪」


ジャヤルーシア
「き~み~は~だ~れ~と~キ~スをす~る~♪」


ジャヤヨランデマフユルーシア
「ほし~をめ~ぐる~よじゅんじょう~♪」


------------------------------------------------------
カリン
「ルー。あんたまで何やってるの?(汗」


ルーシア
「あ、あはは・・・楽しそうだったからつい・・・」


マフユ
「この二人…いつの間にかすっかり板についてきちゃったからあたしたちはもういいんじゃない?」


ルーシア
「そうね。EDからはもうこの二人に任せましょう♪」


ジャヤ
「ルーちゃんがいくら歌姫でもそのおばあちゃんであるあたしも負けないからね!」


ルーシア
「ふふ…世代を越えてこうしてお婆さまと歌えて夢みたいだったわ。後は頑張ってね♪」



リリス
「この物語は…ナルろぐの提供でお送りいたします!」




CM。
ムユル
「突発企画だった人気投票。思った以上に投票してくださってありがとうございます!」


ムユル
「・・・でも僕一応主人公なのにまだ一票も入ってないよ?」


リリス
「それは、にいにがにぶちんだからじゃない?」


ムユル
(ぐさっ)


ヨランデ
「おまけにあまり目立ってないし・・・」


ムユル
(ぐさぐさっ)


ジャヤ
「キャラの特徴は薄いような…。でも、そんなムユルくんだからこそあたしは・・・(真っ赤)」


ムユル
「ジャヤさん・・・フォローありがとう…でも」(ぐさぐさぐさっ)


アドルファス
「ほら、やっぱりムユルちゃんは僕と一緒にならないとダメなんだよ!」
「きっと一気に票が獲得できるよ?と、油断させておいて・・・」
(がばっ)


ヨランデジャヤレティ
「それだけはさせるかぁ~!!天誅っ」


アドルファス
「ぷげなべっ!!!!!!」


ギュスターヴ
「単純に女共に守られているムユルが情けないからなんじゃないか?」
「漢ならオレみたく、守ってやるような立場じゃないとな」



ムユル
(ぐさぐさぐさぐさっ)


レティ
「ギュスの数少ない見せ場ね・・・」


リリス
「・・・(ぐすっ)」


ムユル
「リリスさん僕と一緒に遊ぼうか」


リリス
「わ~い!」


ジャヤ
「ちょっと…司会者のムユルくん遊びに行っちゃったよ」
「ほんとに誰よりも妹想いだわ・・・」



ヨランデ
「仕方ないからこの後はあたし達が仕切りましょう」


ヨランデ
「えっと…人気投票結果の続編情報だけど・・・・あたしやジャヤの勝負にこだわらず、一位を獲得した人は…」


ジャヤ
「その人を主人公にしたオリジナルな物語を作る もしくは その人の自作絵を描く!という案が出てるわ。どちらもまだ案の一つで決定ではないけど」


ヨランデ
「もちろんオリジナルとは言っても、その人の性格や今の物語の世界観を壊さない程度に作るから、その人にとって思い入れの深いキャラはそこでも登場する予定よ」


ジャヤ
「ヨランデちゃん。と言うことは・・・?」


ヨランデ
「そ。あたし達と特につながりの深いムユルはどっちみち出る可能性が高いってこと」
「本人が前回言っている通り、アドルファスが優勝しちゃったら…どうなるかは考えたくもないわね」



ジャヤ
「オリジナルなら…例えばリリスちゃんが優勝したら、前回二人で語ってた物語の全容が見れるかもしれないってことね!」


ヨランデ
「そういうこと」
「ま、最終的にどうなるかはフタを開けてみないとわからない部分もあるからとりあえずここまでね」



ジャヤ
「投票項目は今後も追加される可能性が高いので今いる人だけにこだわらないでおくといいかもしれないわよ」
「if物語が終わるまでに関わる人物は多いと思うし」



ヨランデ
「とりあえず同じ人の再投票も受け付けているから誰にでも優勝のチャンスはあるわよ」
「奮ってご応募くださいね」





第3話 ペンタグラマー

ヨランデ
「ムユル!」


ムユル
「ヨランデさん!」


NALULU_SS_0014_20111022185639.jpeg

NALULU_SS_0017_20111022185638.jpeg

NALULU_SS_0022_20111022185638.jpeg
NALULU_SS_0023_20111022185638.jpeg
NALULU_SS_0024_20111022185638.jpeg
二人のデートはその後順調に進展していく。

ムユル
「ヨランデさん!飲みに行こう♪」


NALULU_SS_0027_20111022185638.jpeg
ムユル
「はうっ」


相変わらず、飲みの誘いに関してはツンデレな反応を返されるが・・・
仲そのものは順調に進み、このままゴールインまで行けると思っていたが、
ある日試練がやってくるのであった・・・・・・。

↓ 後日の事。

ヨランデ
「あ…ムユル(汗」


ムユル
「ヨランデさん?」


NALULU_SS_0092_20111022185144.jpeg
NALULU_SS_0093_20111022185144.jpeg
NALULU_SS_0094_20111022185144.jpeg
ヨランデ
「じゃ、じゃあまた(汗」


ムユル
「・・・・・・?」



NALULU_SS_0096_20111022190540.jpeg
ムユル
「・・・」


NALULU_SS_0097_20111022190539.jpeg
ムユル
「・・・・」


NALULU_SS_0098_20111022190539.jpeg
ムユル
「・・・・・」


NALULU_SS_0099_20111022190539.jpeg
ムユル
「・・・・・・」


NALULU_SS_0100_20111022190539.jpeg
ムユル
「今日はデートの約束をしていない・・・まさか」


そう、恐れていた事がとうとう起こってしまったのです・・・

グランヴィル
グランヴィル「お待たせ♪」


ヨランデ
「あ…うん。行きましょう」


ムユル
「・・・・・・・」


NALULU_SS_0101_20111022191142.jpeg

そのまま、デートへと消える二人・・・
このまま来ない事祈ってたんだけどなぁ・・・・・・

ムユル
「・・・・・・・」


NALULU_SS_0102_20111022191142.jpeg
グランヴィル
「残念だよ・・・」


ヨランデ
「ご、ごめんなさい・・・」


グランヴィル
「次があるから大丈夫だよ。ヨランデさんは気にしなくていいよ」


ヨランデ
「え、えぇ・・・じゃあね」


ムユル
「・・・・・・」



ムユル
「・・・・・・ヨランデさん」


ヨランデ
「ム…ムユル!?」


NALULU_SS_0103_20111022192447.jpeg

ムユル
「・・・明日、どこかに行こうよ♪」


NALULU_SS_0104_20111022192245.jpeg

ヨランデ
「・・・ムユル。何も言わないのね」


ムユル
「ある意味、システムの都合上・・・の事だからね」


ヨランデ
「あ、ありがと…」
「時間かかっちゃうかもだけど、あの人の事は清算するから・・・」



ムユル
「あの人、少し前に挨拶にきたよ・・・宣戦布告だったのかもしれない」


ヨランデ
「そ、そうだったの?」


ムユル
「相手がいようと、僕はヨランデさん一筋だから…多少の事は・・・・我慢するよ」


ヨランデ
「ご、ごめんなさい・・・辛い思い…させちゃって」


ムユル
「いいよ。その代わり、明日は楽しく・・・だよ♪」


ヨランデ
「えぇ。あ、ありがと…ムユル…」


正直、初めてこの状況を見た時ショックは受けました。
でも確かに本歴史では彼と結ばれている為、ある程度折込済でもありました。
ムユルの言ってる通り、旧ナルルの特性上いたし方ないことですから。

ジャヤの時は割とゆっくりしてたけど、彼女の場合早期の内に彼に割り込まれると進展が危ぶまれた為、
デートはかなり急ぎ目にしてました。(キスまでいっているとかなり安心の為、それまではほぼ毎日デートしてた。ただ、キスまで行ったら毎日誘うをやめてしまった為、今回のようなスキを与えてしまったのかもしれません)

このデートの誘いも、無意識のうちに誘ってた感じ。寂しい気持ちになったのと、また彼に約束入れられる可能性があったから。


そして次も見る人によってはショッキング(?)な映像です。(ぇ
でもこれもヨランデとの翌日デートをするためには避けて通れない道!!
ムユル
(あっ…アドルファスさんだ)


アドルファス
(~♪)


ムユル
(・・・僕に気づいてない?・・・あっ!)


ハネローレ
ハネローレ(~♪)


ムユル
(僕の同級生だったハネローレさんか・・・まさか)


NALULU_SS_0065_20111022200014.jpeg
ムユル
「この二人付き合っていたのか…初めて見たな・・・」


NALULU_SS_0066_20111022200014.jpeg
ムユル
(この二人も浜辺デートか・・・)


NALULU_SS_0067_20111022200014.jpeg
ムユル
(お、チューした…すごい進展してるなぁ)


NALULU_SS_0070_20111022200434.jpeg
ムユル
(そしておいかけっこか…なんだ、アドルファスさんも普通なんじゃん)


アドルファスの普通の部分を垣間見て少し彼を見直したムユルでした。
え?オチは?って?w それは後述・・・♪


ヨランデ
「ムユル!」


ムユル
「ヨランデさん!」


NALULU_SS_0105_20111023210838.jpeg
アドルファス
(~♪)


ハネローレ
(~♪)


NALULU_SS_0107_20111023210838.jpeg
NALULU_SS_0108_20111023210838.jpeg
NALULU_SS_0109_20111023210837.jpeg
まさかのWデート状態・・・・。アドルファス達はどうやらデートに失敗した模様。

ムユル
「ほんとに楽しそうについてきたね・・・嬉しいよ」


ヨランデ
「昨日約束もしたからね・・・」


NALULU_SS_0110_20111024102510.jpeg
NALULU_SS_0111_20111024102510.jpeg

NALULU_SS_0112_20111024102638.jpeg
NALULU_SS_0113_20111024102510.jpeg

ヨランデ
「クスッ…ムユルには似合わないセリフね」


ムユル
「あ、ひどいなぁ」


ヨランデ
「そんな着飾ったアナタより普段のアナタの方が・・・(真っ赤」


ムユル
「ヨランデさん・・・」(ぎゅっ)


ヨランデ
「・・・」(ぎゅっ)


ヨランデ
「それじゃ・・・そろそろ帰りましょうか」


ムユル
「うん・・・そうだね」



ムユル
「・・・!」


グランヴィル
「・・・・」


ヨランデ
「・・!!」
「・・・・ねぇ」



NALULU_SS_0119_20111024105129.jpeg
ヨランデ
「・・・そう。じゃあ、また」


グランヴィル
「・・・・・」


ムユル
「・・・・・」


グランヴィル
「ムユルさん!」


ムユル
「はい。なんでしょう?」


NALULU_SS_0123_20111024105145.jpeg
ムユル
「あんまり…」


グランヴィル
「そう。ではまた」


最高だよ!にしたら夜道に気をつけないと・・・と思ってしまった。
こうしてグランヴィルとの戦いの火蓋が切って落とされるのであった・・・


そしてやってきました。エナの子コンテスト。
NALULU_SS_0134_20111024144008.jpeg
なんと、彼が出場していました。

NALULU_SS_0136_20111024144008.jpeg
アドルファス
「いえーい♪ムユルちゃん見てる~?!」
「ムユルちゃんからの愛を待ってるよ~♪」



ムユル
「・・・・・・」(汗


ヨランデ
「・・・・」



本歴史に続いてヨランデも出場。
NALULU_SS_0138_20111024153134.jpeg

ムユル
(ア、アドルファスさん・・・)


NALULU_SS_0144_20111024153512.jpeg
アドルファス
「ム、ムユルちゃん・・・」(どきどき)


NALULU_SS_0145_20111024153512.jpeg

アドルファス
「とうとう…ムユルちゃんからの愛を・・・」


ムユル
「や、やっぱりやめておくよ」


NALULU_SS_0146_2_20111024172417.jpg

単にこれがやりたかっただけだったり・・・

ムユル
「ヨランデさん」


ヨランデ
「あ、ムユル」


ムユル
「あなたに投票するね♪」


NALULU_SS_0151_20111024172717.jpeg

結果は・・・
NALULU_SS_0154_20111024172815.jpeg
従姉のアナスタシアさんでした。

アドルファス
「ムユルちゃんひどいよ・・・」


ムユル
「誰に入れるかは自由だし・・・」


アドルファス
「もうこうなったら実力行使!」(がばっ)


ヨランデ
「ふぅ・・・残念ね」(ベシッ)


アドルファス
「チョバムッッッッッ!!!!!」


ヨランデ
「あたしとレティの目が黒いうちはアナタに好き勝手させないわよ」


ジャヤ
「ヨランデちゃん。あ、あたしもね。(出遅れた)」
「にしても鉄パイプなんていつの間に準備してたの?」



ヨランデ
「護身用よ。・・・対アドルファス専用だけど」


ジャヤ
「ヨランデちゃん、やるわね…あたしも今度何か用意してこよっと・・・」


ムユル
「二人とも…殺人事件にならない程度に(汗」


ヨランデ
「大丈夫じゃない?彼の生命力なら」


ジャヤ
「そうよ。レティちゃんのパンチで宇宙まで飛んで行ってるのに平気だったし」


後日・・・彼は本当に立ち直り、相変わらずムユルを追い掛け回すのだった。
NALULU_SS_0182_20111024231752.jpeg
NALULU_SS_0213.jpeg
ムユル
「少しでも彼を見直した僕がバカだったようだ・・・」




翌日…
ヨランデ
「お・・・お邪魔します」


ムユル
「ようこそ!待ってました」


NALULU_SS_0164_20111024200108.jpeg

ムユル
「そういえばお誕生日だね…おめでとう♪」


NALULU_SS_0169_20111020011536.jpeg
通いに来るようになったものの、相変わらずツンデレっぷりであった・・・

グランヴィル
「お邪魔します」


ムユル
「え!?」


グランヴィル
「ヨランデちゃん。お誕生日おめでとう」


NALULU_SS_0170_20111024211428.jpeg
グランヴィル
「ムユルくん」


NALULU_SS_0174_20111024211522.jpeg
ヨランデ
「・・・じゃ、じゃあまた後で(汗」


グランヴィル
「お邪魔様でした」


ムユル
「・・・・」(汗


NALULU_SS_0175_20111024211730.jpeg
見事に「トライアングラー」の図式になってしまった。
いや、アドルファスとジャヤはムユルを想っているので「ペンタグラム」(☆=五芒星の意)から
ペンタグラマー状態か。

もちろんその翌日も・・・
NALULU_SS_0201_20111024225347.jpeg
NALULU_SS_0014_20111024225346.jpeg
NALULU_SS_0075_20111024225346.jpeg
すっかり日常になってしまうのであった・・・

リリス
「にいに…辛くない?」


ムユル
「ちょっとね…」


ヨランデのそういう気遣いもあるのか、デート自体はかなり順調に。
NALULU_SS_0220_20111024230657.jpeg
NALULU_SS_0038_20111024230752.jpeg

果たして彼との決着をつけられるのはいつのことなのか・・・


エンディング曲はこちら

ヨランデ
「かみ~さま~に~こいを~して~たこ~ろは~♪」
「こんな~わか~れが~♪くると~はおも~ってな~か~ったよ~ Uh~」





CM。
カリン
「親父…アナタの生き様・・・見させてもらったよ」
「お袋の事、リリスの事、ヨランデさんの事、そしてあたし達の事みんな好きだったんだね」



本歴史でのムユルの生い立ちが語られる?!
muyuru5.jpg
覇者の追憶 ~さらば愛しき人よ~ 絶賛再放送中!



次回予告
ヨランデとの恋人生活も最終段階!だが相変わらずのツンデレっぷり対応…
NALULU_SS_0100_20111024232911.jpeg
-------------
な、なんと遂に宿命の対決の実現?!
NALULU_SS_0061_20111024233016.jpeg

アドルファス
「ムユルちゃん…いよいよこの日が来たね…」
「僕が勝ったら一日ムユルちゃんをお持ち帰りしようかな・・・」



ムユル
(ぞ~っ)


果たしてムユルはアドルファスの愛の猛攻を退けることができるのか?!

次回:死合の果てに・・・

リリス
「この物語は…ナルろぐの提供でお送りいたしました!」



スポンサーサイト
カウンター
プロフィール

タダノ・ニース

Author:タダノ・ニース
当ブログで紹介するベースはヴァルター国ですがアレクシス国もプレイした事有り。

当ブログはリンクフリーですのでじゃんじゃん貼っちゃってください。ご報告頂ければこちらからもリンクさせて頂きます♪(ただしワーネバサイト限定)

サイトバナー
ナルろぐ

当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』の画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
ナルろぐキャラ投票
再投票は24時間後に可能
リンク
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
フォロリムはお気軽に♪
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。