スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ紹介

今回ではPC周りの人物を一通り紹介していこうと思います。
長くなりそうなので何日かに区切って入力すると思います。
また、シナリオの進み状況により、このページは都度変化するかも(汗
更新した時は更新情報にアップします。

--------------------------------------
3代目PCと愉快な仲間達

カリン
NALULU_SS_0012.jpeg
学生

NALULU_SS_0020_20110628230755.jpeg
成人後

karin
髪型変更後(今)

3代目PC。父:ムユル 母:ジャヤ 209年~プレイヤーとなる。
性格は負けず嫌いで将来の夢はティルグの騎将
227年死去(享年21歳)

名前の由来はプルト共和国物語。ギレルモ国に出てくる剣聖カリン・ムーン(ハート)より


[基本性格]
ヨランデと髪型と性格がまったく同じだったのでビックリ!
ヨランデとその子であるパロマとも外見が同じだったので成人後、カリンは前髪のみ変更している。

負けず嫌いな性格で、この頃アップデートしたばかりで要領よく友人を作るNPC子供達に対して悔しい思いをする。
友人の数も含めて一年上の先輩であった学園のアイドル的なパロマとは親友となりつつも、ライバル意識を燃やしていたらしい。
(ヨランデの子供であるパロマは誕生会で全ての席を男で埋め、主席生徒でもあった為、その人気っぷりにちなんで学園のアイドルの異名をつけた)
翌年、主席生徒にはなりつつも、友人数ではパロマに及ばなかった。

その後は武術でも仕事でも負けず嫌いな性格が災いし、1位になるつもりまんまんらしい。
大食い大会の優勝も2回ある。

[恋愛傾向]
負けず嫌いで素直になれない彼女にも好きな人ができる。
パワーアップ前のNPC時代に唯一作った友人「スコット」である。
パワーアップ後に操作権を引き継いだ為、知人にランク落ちしていたが、リストが一番上だった為、
難なく友人になることに成功する。

正に優等生、海洋の聖力持ちで主席生徒と非の打ち所のない2年上の先輩だった。
彼女は2年待ってもらえるか不安に思いながら彼成人後も毎日会いにいっていた。
誕生日会話の結婚したい!が切実に聞こえた瞬間でしたとさ。

その甲斐あってか彼は待っていてくれたのか2年経っても恋人を作らず、無事交際がスタートし、結ばれる。

[武術傾向]
要領よく剣士決定戦で優勝し、2年目ティルグ入りを果たす。
その後も勝ち続けはするものの、レトの騎兵長に降格し、以後しばらく続投してしまう。

その後、彼女は一番になるためティルグの編成傾向を徹底的に調査した。
その甲斐あってかレト脱出には多少の誤算がありながらラトの軽騎兵になることに成功し、
優勝に導いて父からの積年の悲願であった騎士入りを果たした。

その後は毎年妹・ジニーと対決しつつ、騎士で活躍し続けている。
DD杯を優勝し、ピート戦でも勝利し、剣聖と呼ばれるようになった。
その後、シニア騎士杯を勝利し、議員にまでなるが、
その後、龍騎士の志半ばに病に倒れ、娘・ルーシアに後事を託し、息を引き取った。

[仕事傾向]
父母から緑地の霊力を継いでいる為、ロークエルグで初年度こそCランクに落ち着いたものの
順当にステップアップし、Aランカーを死守している。
ただ、感謝祭に関してだけはいつも後一歩の所で優勝を逃し、歯がゆい思いをしていたが、
騎士になってからメモを読み、能力がグンと延びた為、現在はほぼ確実に優勝できるまでになった。

スコット
sukotto
姓:カミニート⇒アスター 父:フゼイフ 母:ナンシー
カリンの夫で二学年上の幼馴染。成人前に両親を亡くしている。
213年に結婚し、3子を設ける。
225年死去(享年21歳)


[基本性格]
まさに優等生らしく、学生時代の主席生徒だったりそれなりに容姿端麗だったりと非の打ち所がない。
そんな彼はまだ成人前に両親を亡くしてしまう。子供なのに立派に喪主もこなす。

武術でも仕事でも活躍しまくりの自慢の万能夫であるがデートの待ち合わせに関してだけは恋人時代からずっとルーズであり、カリンは当初頭を悩ませていた。

性格がよい為か、人気者リストに名前が載る。

[恋愛傾向]
カリンにとって正に一目ボレという程の衝撃だったかもしれない。それに子供で両親を亡くすという状況はそれに拍車をかけ、いつか自分が彼と結婚して子沢山の円満家庭を築きたいという思いがさらに深まる。

なんでも万能にこなせる逸材が2年も彼女作れなかったのは私を待ってた以外にもデートのルーズさだったからなのだろうかと苦笑しながらもほっとするカリンであった。
カリンと付き合っただけでモテ王になっていた為、魅力は元々かなりあったと思われる。

毎日こまめに話しかけにきてくれたものの、デートに関してだけはやたらルーズで朝になっても夕になっても来ないことが多い。恋人時代はイベント後の夜2~3刻からのデートも少なくなかった。
夫婦となった今では約束はするものの、たまたま会えればOKかな。くらいに割り切ってしまっている状況。

晩年になってからは比較的決まった時間に来るようになってきた。

[武術傾向]
成人2年目で早くも剣士決定戦を優勝し、成人3年目でティルグ入りを果たし、その後トントン拍子に出世し、1年だけではあったが騎士経験もある。その後は脱退させられてしまったが、武術では申し分ない活躍はしたと思っている。

[仕事傾向]
シーラ所属で資質持ちの為かランクアップも早く、弱冠13歳でカリンの画策があったものの、シーラエルグ長に就任する。また、感謝祭も2連続優勝を果たし、酒場マスターもソツなくこなす。

ガイゾバ
NALULU_SS_0119.jpeg
学生

NALULU_SS_0018.jpeg
成人後

父:スコット 母:カリン
カリンの第1子。性格は信心深いで将来の夢はいむ


[基本性格]
やたら異性にモテ、誕生会では席を全部女のハーレムで埋め、カリンを驚かせた。
顔が似てる為か弟ガーナズと見分けがつかない事が多い。(二人に特徴らしい特徴がない…とも言う)
基本的に昔からしっかりしている印象を受けたが、主席生徒にはなれなかった。

[恋愛傾向]
同学年のカルディナを成人式直後に親友となり、他の同年代のライバルを抑え、
過去PC家族の中で最速で結婚する。(1年)

[武術傾向]
成人3年目で母・カリンと同じアクアスに所属する。
軽騎兵だったため、彼の所属するグラウスは2年連続で勝てなかった為、早くに脱退させられてしまう。

[仕事傾向]
まだ、あまり活躍しているようには見えない。


ガーナズ
NALULU_SS_0042.jpeg
学生

NALULU_SS_0023_20110627011146.jpeg
成人後

父:スコット 母:カリン
カリンの第2子。性格はさわやかな性格で将来の夢はエルグ長


[基本性格]
兄と違い、あまりモテる感じがせず、誰も来ない誕生会を開催した事がある。
顔が似てる為か兄ガイゾバと見分けがつかない事が多い。(二人に特徴らしい特徴がない…とも言う)

[恋愛傾向]
彼の同年代の女の子が1人しかいなかった為、同級生結婚はできなかったが
移住者であるキトリーとそれなりに早く交際がスタートし、2,3年目くらいで結ばれる。

[武術傾向]
ルーのシナリオでは一年だけアクアスのティルグ員になった。

[仕事傾向]
まだ、あまり活躍しているようには見えない。

ルーシア
NALULU_SS_0067.jpeg
学生

NALULU_SS_0151.jpeg
成人後

父:スコット 母:カリン
カリンの第3子。性格はお人よしで将来の夢はいむ
次期PC候補。

名前の由来はオンラインゲーム・パンヤに登場するアイドルキャラクター


[基本性格]
3子の中では一番カリンに甘えていた。(後ろをついて回る事が多かった)
お人好しな性格な割には成人2年目でティルグ員になる。成人2年目でティルグ員になったのは
ガイゾバ、ガーナズ3兄妹では初。(ジニー、ラリスも2年目でティルグ員になっている)

[恋愛傾向]
1歳年上のロゲールとトントン拍子に交際し、3年目で結婚。
奇しくもルーの第2子出産と母PC・カリンの命日が重なってしまう(ちなみに女の子だった)

[武術傾向]
お人好しな性格な割には成人3年目でティルグ員になる。成人3年目でティルグ員になったのは
ガイゾバ、ガーナズ3兄妹では初。
祖父・ムユルと同じくシルフィスに所属する。ちなみに彼女の恋人のロゲールもシルフィス。
兄妹で唯一、騎士にまで出世した。

[仕事傾向]
あまり活躍しているようには見えない。

--------------------------------------
2代目PCと愉快な仲間達

ムユル
muyuru
2代目PC。父:ロイク 母:セリス 201年~208年プレイヤーとなる。
セリスの第1子。性格はお人よしで将来の夢はいむ
221年死去(享年23歳)


[基本性格]
お人よしの為、誰にでも優しかった。特に一番気にかけていたのは妹リリスの存在だった。

彼は子供時代ペネムの事も大好きで毎日花を摘んでは贈っていた。
そんな彼でも成人後はすっかり忘れてしまう。

大食い大会優勝経験もあり、セリス一家は全員が優勝経験を持つ大食い一家となる。

[恋愛傾向]
学生時代彼には二人好きな子がいた。「ジャヤ」「ヨランデ」である。
彼は学生生活の殆どを二人(+ペネム)と過ごした。
二人は基本的にそっくりだったのだがわずかにヨランデの方がムユルは気になった。
しかしヨランデは当時次期国王「ヒンツ」の妹だった為、王位継承権がついていた。
ムユルは王室入りをするつもりはなかった為、なくなく諦め、ジャヤと付き合う事にしたのである。

二人とも1年上の先輩だがムユル成人時、二人とも恋人いなかったのが印象的だった。
ジャヤに絞ってからはスムーズに交際がスタートし、翌年の8日に挙式をする。

相手に不倫の影もなく、幸せな生活だったようだ。
そんな彼女とは3人の子供が出来る。

[武術傾向]
母セリスの失敗を元に初年度から剣士決定戦に参加、優勝し、ティルグ員になる。
その後勝ち続け、6年くらい続投したが最終的に騎士になる事はできず、
NPCに戻ってからは3年程度で脱退になる。

ただ、NPCになってからも剣士決定戦優勝経験があり、
マスター剣士杯でも決勝に上がっており、それなりに力はあったと思われる。

[仕事傾向]
文武両道を心がけた為、ロークのAランカーを阻止していた。
NPCに戻ってから落ちると思われたが既にパワーアップ版にしていたため、ティルグ員でもバリバリ働くらしく、
ずっとAランカーをキープした。
脱退になってからは引き継いだカリンの画策でロークエルグ長になる。

ジャヤ
jaya
姓:ランス⇒アスター 父:ジョアン 母:ソランジュ
ムユルの妻で一学年上の幼馴染。王妃マリエルの妹。

205年に結婚し、3子を設ける。219年死去(享年21歳)

[基本性格]
行動的な性格の為、武術に生きてきた感がある。

カリンと非常に相性がよいらしく、カリンの中でムユル家族の中では順位が一番上で、自分の家族よりも彼女の名前の方が上位になる事もあった。

結婚後こそ武術が多かったが、晩年はよく子供達の面倒を見てくれていたり、ムユルを励ましたり、家族の精神面のよきサポートに回っている。
また、メイビ区に住んでいた為かラダミルクを持ってくる事が多く、40個くらい貯まった事もあった。

大食い大会にも一度は出場したが優勝はならず、大食い一家の伝説はここで途切れてしまう。
多くの友人、血縁に看取られ、219年に静かに逝去する。

[恋愛傾向]
ムユル学生時代から「ヨランデ」と共に毎日遊び合う関係になっていた。
彼女自身は他の人と遊んでるのを見たことがなく、成人して1年経ってからも恋人を作っていなかった為、
ムユル一筋に想ってくれていたのかもしれない。
ムユルしか恋人はいなかったっぽいが一時はモテ女王になったこともある。
(コンテストの前に結婚した為、掲示板のみ)

関係の進展もトントン拍子に進み、相性も抜群のいいカップルであり、夫婦であった。
結婚後は髪型を変更している。

[武術傾向]
風の剣士決定戦で一度優勝するも壮年を過ぎていた為かティルグ員にはなれなかった。
ムユルはシルフィス所属だった為か彼女も毎年風の決定戦にエントリーしていたのが印象的だった。
結婚当初は毎年出場していたが晩年は練習試合の条件を満たしてはいたものの、一度も出場する事はなかった。

[仕事傾向]
結婚前は王族だったため、クリート所属。その後ムユルと同じくロークに転職する。
元々勤勉な性格ではなかった為、仕事面では大した活躍はしていないが、パチャの補給は調理役のカリンやパチャを取れないムユルにはかなり助かっていた。

ジニー
jini-
父:ムユル 母:ジャヤ
ムユルの第2子。性格はまじめで将来の夢はエルグ長


[基本性格]
まじめな性格で子供の頃から要領よくやっていた為、カリンがしてあげる事はあまりなかった。
髪型含め、一番母に似ていたが、カリンにより髪型を変更させられる。

[恋愛傾向]
リリスと違い、同級生の「ホラーツ」とトントン拍子に交際がスタートした。
結婚までは2年かかったが2子を出産しており、幸せいっぱいの様子。

[武術傾向]
1年目の剣士決定戦では途中敗退したものの、剣技試験に合格し、成人2年目でティルグ員になる。
途中までヴォルス⇒バイツと出世するも姉:カリンと同じく、ヴォルスの騎兵長に降格してしまい、以後ずっと変更なく、続投している。

その後、彼女はラト騎兵団の軽騎兵に出世し、それも優勝した為、見事騎士になる。
軽騎士になってからも優勝を果たした為、以後騎士のまま活躍し、毎年カリンと戦っている。

219年のDD杯で決勝戦まで出場した。

[仕事傾向]
シーラエルグ所属でカリンとは異なる為、状況は把握しきれていないが、有名になれるほど活躍はしていないようだ。

ラリス
rarisu
父:ムユル 母:ジャヤ
ムユルの第3子。性格は合理主義で将来の夢はティルグで一番

母父(1系)とも異なる6系の顔の持ち主。ジャヤの父であるジョアン似か


[基本性格]
合理主義で優しさはなく、武術向きの性格だったようだ。
姉:カリンとの仲がよくないのか結婚してからは家族で真っ先に友人リストの圏外に落ちてしまう。

大食い大会で優勝経験があり、ムユル家族で優勝していないのはジャヤとジニーのみになった。

騎士を脱退させられてから何かとカリンに絡んでくる事が多くなった為、
ナルろぐのネタ師の異名を持つようになった。

[恋愛傾向]
近年女性不足気味により、結婚が危ぶまれたが一年下の「ローレラ」と交際がスタートし、その後は特に大きな障害もなく、結婚した。
余談だが彼が子供の頃にカリンが結婚した為、誕生日お祝いの会話で実の姉に「結婚したい!」と告白してしまう。

[武術傾向]
姉:カリン/ジニーと同じく、成人2年目でティルグ入りを果たし3姉弟全員がティルグ員となった。
ただ、彼の場合トントン拍子に騎士になり、騎士優勝経験もある姉弟一番の出世頭となる。
騎士長もこなした事がある為、事実上将来の夢を叶えた事になる。

カリンは負けず嫌いの為、いつかは自分も騎士になり、大会で戦う事を誓った。
カリンが遅れて騎士に出世した時、彼は軽騎士になっていた為、カリンと戦い破れ、
騎士を脱退させられてしまう。

最強騎士決定戦で決勝出場経験あり。219年DD杯では準決勝で姉・ジニーとの姉弟対決もした。

[仕事傾向]
ロークエルグに所属しているが性格の為か仕事している姿を殆ど見かけない為、目立った活躍はない。

ヨランデ
yorande
父:デニス 母:ロール
ジャヤと同級生でムユルが一番好きだった人物。次期王ヒンツの妹
220死去(享年23歳)


[基本性格]
負けず嫌いな性格でその勝気さに大人しいムユルは一番に惹かれる。

[恋愛傾向]
ムユル成人時は恋人がいなかったのだが、彼女はムユルより早く挙式をしている(4日。ムユルは8日)
ジャヤと同じくらい好きになった子なのでムユルは常に彼女の事を気にかけながら告白はされたくなかった為、
相手からは話しかけさせなかった。
成人まではムユル一筋に想ってくれたと思われるが、そのうち結婚相手の他に一人不倫相手も見つけ、
モテ女王の座に君臨する。

ムユルは不倫している彼女を見てかなりショックを受けた様子。やっぱりジャヤを選んで正解だったと
その時に初めて思うようになる。

[武術傾向]
積極性のある性格の為、剣士決定戦に頻繁に出場すると思われたが意外にもそうでなく、
1,2回出た事があるくらいで大した活躍はしなかった。

[仕事傾向]
王族で次期王の妹だった為継承順位が高く、当初はクリートエルグ所属だった。
その後結婚しクラウンハイムに住んだものの、アップデート前だった為、別の順位の低い王族が結婚した際に追い出されてしまう。
その後はずっとロークエルグにいたものの、最終的にはBランク止まり

--------------------------------------
1代目PCと愉快な仲間達

セリス・アスター
serisu
初代PC。移住者で性格はみんなのアイドル。192年~200年プレイヤーとなり206年死去(享年20歳)

[基本性格]
みんなのアイドルらしく、みんなから話しかけられる頻度が高かった。
実際芳香を使わなくても選挙に合格する事が多かった為、それなりに魅力があったように思える。
☆を使わなくても大食い大会を2度優勝している。

[恋愛傾向]
移住当時、彼女は好みのタイプがどうしても見つからず、1~2年くらいは仕事一辺倒だった。
のらりくらりとしているうち、4人くらいの恋人を作ってしまい、モテ女王の次点でエナの子コンテストに
エントリーされ、そのまま優勝してしまう。
3年目くらいに新しく成人した「ベイジル」に惹かれたが1年くらいデートし続けても、手を繋ぐ事すらできなかった為、諦めて2番目の恋人で酒場で頻繁にデートに誘ってくれていたロイクに絞り、結ばれる。

2子を出産したが、新婚の頃は彼が不倫していた為、そこまで幸せではなかったかもしれない。
ムユルに引き継くくらいの年齢になってから落ち着いたようだ。

[武術傾向]
初年度は移住者らしく、武術をどうやってするかわからなかった為、仕事一筋だった。
後年、やり方がわかり剣士決定戦で優勝するももう既に壮年になっていた為か、
わざとエルグ長じゃなくしてもティルグ員になることは一度もなかった。

[仕事傾向]
移住以来ずっとシーラエルグで働き続け、2年目にいきなりシーラエルグ長の座を勝ち取る。
それ以降何回か選挙に落ちたこともあったものの、基本は続投していたが、
晩年NPC化してからはAランカーではあったもののエルグ長の座は他に奪われた。
218年現在も年間実績と通産実績とエルグ長=評議員経験年数のレコード保持者↓である。
record1.jpeg
record2.jpeg


ロイク
roiku
姓:ヘップバーン⇒アスター 父:チャップ 母:ルクレース
セリスの夫。197年結婚し、2子を設ける。212年死去(享年25歳)


[基本性格]
不器用な性格で武術も仕事も殆ど手をつけておらず、基本は遊んでいる事が多かった。
その分他の人と交流でき、恋人が多かったかと思われる。

一度だけ大食いコンテスト優勝経験があり、大食い一家となる。

彼自身は遊びほうけていただけだったが、彼の弟・ダリルは騎士になったりエルグ長になったり大活躍している。

[恋愛傾向]
彼にはセリス以外に恋人がいたが、それでも酒場で会うとよくデートに誘ってくれていた。
それにセリスは徐々に惹かれるようになった。
結婚してからも初年度はセリス以外に平日に「待ち合わせ」文字があった為、
不倫していたのは確実かと思う。
(セリスはその相手を知るのが嫌だった為、決してストーキングはしなかった)

ムユルに引き継いだ辺りからは落ち着き、幸せそうないい夫婦だった(ムユル視点)

[武術傾向]
セリスが訓練用具をいつも用意した訓練すらあまりしていなかった為、
たまに剣士決定戦に出るもパッとせず殆ど活躍していない。

[仕事傾向]
シーラ所属だったが、昼くらいにちょこっと仕事するくらいで殆ど活躍していない。

リリス
ririsu
姓:アスター⇒クルス 父:ロイク 母:セリス
セリスの第2子でムユルの妹。性格は泣き虫で将来の夢はエルグ長
220年死去(享年21歳)


[基本性格]
泣き虫だった為、よく母と兄を困らせていたようだ。そんな彼女をムユルはいつも側について見守っていた。
結婚後も上記絵のように会う度、話しかけてきてくれたくらいに仲のよい兄妹だった。

大食いコンテスト2度優勝しているからびっくり。
いろいろな意味で母・セリスの血を濃く受け継いだ。
騎士長になったりと彼女の人生唯一の汚点は恋愛面での
ライバルの遅れだけだったのかもしれない・・・・

[恋愛傾向]
彼女入学直後にいきなり2年上の先輩の「ギュスターヴ」を遊びに誘っていたのは印象に深い。
だが彼には「レティ」という、既に仲のよい子がいた為、
彼女が成人する前に結婚し、戦う前に負けてしまっていた。

その次には同級生「テオフィル」を狙ったものの、これも同じ同級生の「アメジスト」にとられてしまい、
モテはするけど一歩遅れを取るパターンが多くなってしまい、なかなか結婚できなかった。
そんな彼女はモテ女王に君臨し、エナの子コンテストも優勝している罠にかかってしまった。

最終的には8歳年上の「レネー」と結ばれ、姓はクルスになった。
また、母セリスがPC時代に残したアクティカ区に結婚後もそのまま住み続けた。
1子のみ産んでいる。

[武術傾向]
兄ムユルに続いて毎年剣士決定戦に応募するも決まって1回戦負けで遅れを取っていたが、
ある時決定戦で優勝し、騎兵になる。
その後、トントン拍子に出世し、最終的に兄ムユルが辿りつけなかった騎士にもなり、
220年に亡くなるまで騎士として活躍し続けた。

兄ムユルは泣き虫だったリリスが自分を越えていき、ここまで立派に成長した事を
自分の事のように喜んだという。

毎年騎士として活躍し続けた割には最強騎士決定戦とかでは勝ててなかったようだ。

[仕事傾向]
エルグ長を目指していた割には仕事面では活躍していない。

スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

カウンター
プロフィール

タダノ・ニース

Author:タダノ・ニース
当ブログで紹介するベースはヴァルター国ですがアレクシス国もプレイした事有り。

当ブログはリンクフリーですのでじゃんじゃん貼っちゃってください。ご報告頂ければこちらからもリンクさせて頂きます♪(ただしワーネバサイト限定)

サイトバナー
ナルろぐ

当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』の画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
ナルろぐキャラ投票
再投票は24時間後に可能
リンク
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
フォロリムはお気軽に♪
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。