スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DD杯選抜システム

ワールドネバーランドプレイ者なら誰もが夢見るDD杯の出場そして優勝。
プルト共和国は出場条件がシンプルでしたがナルルでは多少複雑のようです。
まだ推論が多い段階ですがティルグシステムと同じく、DD杯の出場者にもある一定の法則があったので書いておきます。

キーポイントとなるのはDD杯開催年の前年のリーグ結果です。

-------------------------------------------
騎士団リーグ優勝ティルグ枠:最大5名
・騎士長
・重騎士
・軽騎士
・ラト騎兵団の騎兵長
・レト騎兵団の騎兵長
騎士団リーグ2位ティルグ枠:2名
・騎士長
・重騎士
一般枠もしくは騎士団リーグ3位ティルグの騎士長:1名
・3位ティルグの剣士杯出場者の中からランダム?

出場履歴を見るとティルグ員でなく、成人してそんなに経ってない人がエントリーされている事があり、
その後の結隊式でティルグ入りしたという例があります。おそらく上記の法則になっているかと思われます。
(まだ憶測の段階ですが。。。)

ちなみに上記メンバーは「1日時点の」の配置の人です。
例えば219年にDD杯があり、ラト騎兵団の騎兵長が出る場合、「2日の結隊式で新しく騎兵長になった人」ではありませんのでご注意!

この前年の要員エントリーの法則を考えると実際立証したわけではありませんが、wikiにある「エルグ長がエントリーされることもある」の記述。
これの真実は「前年に該当メンバーであったがティルグを引退し、その年のエルグ長選挙で当選したプレイヤーがDD杯にエントリーされた」のではないかと考えられます。
 ⇒試したが引退した場合はティルグを除名される為、その時点で候補から外れる。

もしくは下記:一般枠にたまたま合致し、エルグ長選挙で当選した。のではないかと思われます。
ちなみに上記表で前年該当の人が亡くなった場合は一般枠が入ると思います・・・

上記表から見て確実に分かる事はやはり優勝ティルグが断然有利!という事です。
出場したいならやはり騎士になって、騎士団リーグを優勝に導いてあげる事が一番の近道かと思われます。。
スポンサーサイト
カウンター
プロフィール

タダノ・ニース

Author:タダノ・ニース
当ブログで紹介するベースはヴァルター国ですがアレクシス国もプレイした事有り。

当ブログはリンクフリーですのでじゃんじゃん貼っちゃってください。ご報告頂ければこちらからもリンクさせて頂きます♪(ただしワーネバサイト限定)

サイトバナー
ナルろぐ

当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』の画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新コメント
ナルろぐキャラ投票
再投票は24時間後に可能
リンク
twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
フォロリムはお気軽に♪
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。